【超芸術トマソン】のご案内

【超芸術トマソン】のご案内
Pocket

超芸術トマソン・・・

 

 

みなさんご存知ですか?

 

 

全く知らなかったのですが

教えてもらってからは

いくつか発見しております・・・

見つけた時の感動(くすっと笑えます)は嬉しいです

テンション上がること間違いなし!!

 

 

みなさんの身近にもあるかもしれませんよ!

 

 

最近見つけたトマソンのご案内の前に

【超芸術トマソン】とは

トマソン – Wikipediaより引用

赤瀬川原平らの発見による芸術上の概念。不動産に付属し、まるで展示するかのように美しく保存されている無用の長物。存在がまるで芸術のようでありながら、その役にたたなさ・非実用において芸術よりももっと芸術らしい物を「超芸術」と呼び、その中でも不動産に属するものをトマソンと呼ぶ。その中には、かつては役に立っていたものもあるし、そもそも作った意図が分からないものもある。 超芸術を超芸術だと思って作る者(作家)はなく、ただ鑑賞する者だけが存在する。

つまりこういうのです!!

超芸術トマソン1
天国への階段という名前? Wikipediaより どこに向かうというのだ・・・

 

誰がどのように使うのか、階段だけ残された電柱ですね・・・その他にも

 

超芸術トマソン2
純粋トンネル? Wikipediaより  くぐらなきゃいけないからくぐるのだよ・・・

 

何か重要な物ををくぐっているのかもしれません・・・

 

超芸術トマソン3
正面入口にはセキュリティバッチリ南京錠!・・・右からは自由に入れます・・・

 

きちんと許可を得て鍵を入手するのかもしれません・・・

 

次に案内するのは上記に比べると少し弱いかも・・・

でも自分で見つけた時の感動は、忘れません!!

 

超芸術トマソン4
壁の向こうには・・・階段を降りてきても出る事は叶いません・・・丁寧に手すりまで付いてますが・・・?

 

いかがですか?

シュールすぎますか・・・

 

 

超芸術トマソン面白くないですか?

 

 

Top